プレスリリース

ウォルシュウイスキーがアジアのネットワークを強化

アイリッシュウイスキーのブログウォルシュウイスキーアイリッシュマンと作家がアジアを引き裂く, 日本, 台湾,マレーシア両方の独占販売業者 作家の涙 & アイルランド人 日本で任命された, 韓国, 台湾, シンガポール & スリランカ

カーロー, アイルランド: 27 四月, 2020: アジアはCOVIDロックダウン期間から抜け出した最初の地域なので, ウォルシュウイスキーのブランド – 作家の涙 そして アイルランド人 – いくつかの新しい販売パートナーの最近の任命に続いて、拡大する極地にいます. 20年間、独立したプロデューサー, に設立されました 1999, 主にヨーロッパと北米の両方のウイスキーの成長に焦点を当ててきました–これまで. 会社, 創設者バーナードウォルシュが率いる, 主要市場で両ブランドの独占販売代理店を任命しました- 日本 (リードオフジャパン), 韓国 (テサン酒), 台湾 (ドン・スンシン), シンガポール (オリジナルウイスキー) そしてまた スリランカ (シグネチャーセイロンビバレッジ). 作家の涙 そして アイルランド人 すでに表されています マレーシア (フォーティエワイン & スピリッツ).

同社のポートフォリオを持っています 15 ウイスキーであり、プレミアムなポットスティルとシングルモルトのトリプル蒸留されたアイリッシュウイスキーを中心とする独特のブレンドで有名です。 – 作家の涙–銅鍋 そして アイルランド人–創設者の保護区.

彼のアジアへの関心の高まりについてのコメント, バーナード・ウォルシュ 前記:

「アイルランドの遺産のヨーロッパ企業であること, 最初にヨーロッパと北米でのサービスを構築することは理にかなっています. 明らかに、私たちのウイスキーは現在、ヨーロッパと北米の両方でスーパープレミアムアイリッシュウイスキーのカテゴリーで証明されており、その強固な基盤により、拡大することができます, 自信を持って, アジアと東ヨーロッパへ.

彼が追加した:

「私たちは強力な構築を目指しています, 動的, 当社が参入する各市場での相互パートナーシップ, そしてアジアも同じです. 我々 新しいパートナーシップを確立し、地域の他の人々をアップグレードしたので、 6 主要なアジア市場全体、今後数年でさらに追加する予定. COVIDロックダウン後に消費者が再び足を見つけた, 私たちは作家の涙を期待しています そして アイルランド人は、私たちがすでにパートナーと行ってきた強力な進歩を基盤としています。」

ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0

 

私たちは、自分の考えを聞いて幸せになります

返信を残します

このサイトは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています. あなたのコメントデータが処理される方法を学びます.