推奨

タラモアすぎます – イーガンのアイリッシュウィスキールネッサンス

タラモアすぎます – Egan’s Irish Whiskey

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド.

Egan’s Irish Whiskey is an old Irish Whiskey brand from Tullamore that has been resurrected and redeveloped by the direct descendants of Patrick Egan and his sons Patrick Junior and Henry, who first founded Egan’s Irish Whiskey over 150 数年前.

I was lucky enough in the 70’s and 80’s to spend the latter half of my childhood growing up in rural West Cork between the two market towns of Bandon, where I went to school and Kinsale, where both my parents worked. Both towns had rich agricultural hinterlands where activity was focussed mainly on Barley, Sugar Beet and Dairy farming.

当時, neither town had changed much in over 100 years since the mid 1800’s when many Irish towns had last experienced major change, growth and development as road, rail and canal infrastructures were built and developed.

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド. Clonakilty Model Railway Village Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara Egans Irish Whiskey.

The streets and houses that I knew so well in the 70’s and 80’s had not changed very much in over 150 年.

The Model Railway Village in Clonakilty has created models of towns like Bandon and Kinsale in miniature from their layout in the 1940’s. They would remain largely unchanged for another 40 若しくは 50 years to become the towns of my childhood. 今日, when I bring visitors to Clonakilty, I can point to almost every model house and shop and say who owned, worked and lived there when I was a child. 実際には, the houses and streets of both towns remained largely unchanged from the 1850s until the 1990s, when investment in modern road networks, industrialisation and population growth forced dramatic changes in layout and design.

今日, it is sad to see that the main streets and squares of many of these old market towns are now just hollowed out and vacant shadows of their former selves, as shopping and commerce moves to ring-road roundabouts where the multinational grocery and retail outlets rule.

から 1850 に 1990, their main streets were at the heart of commercial and of social interaction. Streets and infrastructure were enhanced and developed by local business families who established key agricultural support businesses such as hardware or agri-feed suppliers which later expanded into general mercantile, lumber, coal, milling, 醸造, malting, distilling and hospitality operations.

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド.

These were the families in the post famine years, who not alone laid the modern architectural foundations of these rural Irish towns, but who also moulded them into commercial and social hubs for the rural communities living within a ten to 15 mile radius.

言葉 “ソーシャル” is quite important here, for it was the daily social interaction in the shops, yards and main streets that turned these towns and their hinterlands into strong , cohesive communities and turned customers into friends.

タラモア, 共同. Offaly and in the Irish Midlands, the Egan Family would become the main drivers of progress.

パトリック・イーガンMoate. Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド.

パトリック・イーガン, A 47 歳の弁護士や農家を行うには十分の三男,  founded the Egan family wholesale and retail business in the towns of Moate and nearby Kilbeggan in 1852. これより以前に, 成功したミースの弁護士は、Moate、ダブリン市のプラクティスを実行しても有名なアイルランドのエマンシパターの仲間でした, 弁護士や政治家ダニエル・オコンネル. この提携や後援は確かにパトリックをしました, 彼のビジネスの利益と彼の練習害.

But it would be his two sons Patrick Junior and Henry Egan who would develop the Egan retail and wholesale business exponentially when they moved the core family business base to the larger, neighbouring Tullamore Town where the Egans would continue to trade until the 1960s as P. & H. イーガン.

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド. 旧タラモアブリッジハウス.

タラモアの町の中心部に位置するブリッジハウスはEgansの本社でした. これは、切妻壁に大きなビルボードの建物です. それは今日でも非常に認識可能です.

Egans developed a huge commercial network throughout the Irish Midlands. At their peak, they had over twenty different businesses outlets including animal feed supplies, ベーコン生産, hotels, パブ, 醸造, モルトウイスキーとの接合. Their group headquarters was located at The Bridge House in Tullamore town centre which today, as the Bridge House Hotel, is still clearly recognisable from photos of Egans Store in the last century.

As spirit merchants and independent whiskey bonders and bottlers with close links to John Jameson and Powers in Dublin, Egans developed their own whiskey blends under Egan’s No. 5 and Egan’s No. 8 premium whiskey labels for both domestic and international sales.

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド.

Egan’s Single malt and Egan’s No. 8 Old Irish Whiskeys.

In the 1880s, Egan’s expanded their existing brewing and bottling business when they commenced bonding and bottling their first whiskies behind their Tullamore Brewery and their newly expanded three storey bonded warehouses and cooperage. ここに, they aged, blended and bottled whiskeys for brands such as Jameson in Dublin.

Following the introduction of potable water to Tullamore in the 1890’s Egans made major strategic acquisitions worth £80,000 or close on €10 Million in today’s money by buying out whiskey bonding competitors Lyle Sterling& 共同. who had bases in Tullamore, Athy and Dublin.

By the turn of the century, Egans had a bonded inventory in Tullamore of the equivalent of 35,000- bottles of whiskeys and spirits and were buying whiskeys from John Jameson, Roe’s, John Locke’s in nearby Kilbeggan and others. But their main partner was John Jameson & サンズ, to whom they already supplied their high quality malted grain.

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド.

Only 2 known bottles of Egans bottled from 1942 still exist unopened.

By the early 1940s, Egan’s were still bottling for Jameson’s, (see photo above), and this continued until the early 1960s when the creation of Irish Distillers led to the decline and extinction of of independent bonding and bottling of Irish Whiskey by companies such as Egans.

悲しげに, に 1968, Egan’s Irish Midlands based business empire entered into voluntary liquidation.

しかしながら, 彼らの遺産はまだタラモアとアイルランドのミッドランドの他の多くの近隣の町や郡で今日見ることができるの背後に、彼らは左の建物や遺産で生き続け .

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド. ブリッジハウスホテルタラモア.

今日, ブリッジハウスは、ブリッジハウスホテルとしてタラモアのビジネスの心と社会生活のままであります. また、1800年代から同様の写真で見ることができる歴史的な法案ボードに注意してください。 (上記). 写真クレジットGoogle Earthの.

に 2013, The Egan family Diaspora who were directly descended from Patrick Egan and his two sons, set about resurrecting their old family whiskey brand. An Egan’s Irish Whiskey Renaissance.

Family members from all around the world united as one to reform the historic family whiskey business as P. & H. Egan’s Limited and Egan’s Irish Whiskey. Partnering with Intrepid Spirits, who also distribute Mad March Hare Poitín そして Michters American Whiskey, the Egan family have released a stable of four new Irish Whiskey Expressions. A ten year old Single Malt, an eight year old Single Grain, a Pedro Ximénez finished Single Malt and a fifteen year old Single Malt.

While Egan’s Whiskeys are sourced from an approved Irish Whiskey Distillery, the family, represented by Maurice and Jonathan Egan who are 5th and 6th generation descendants of Patrick Egan, are quite hands-on in directing, ブレンディング, 彼らの新しいウイスキーの樽の選択と仕上げ.

Patrick Egan and Jonathan Egan. Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド.

Patrick Egan Senior and Jonathan Egan.

イーガンアイリッシュウイスキー

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド. Pedro Ximénez Sherry Cask finished Single Malt Irish Whiskey

イーガンウイスキーの最初の式, イーガンさん 10 に発売歳のシングルモルト 2014 イーガンのヴィンテージ穀物が続きました, 不屈, a Pedro Ximénez Sherry Cask finished Single Malt and Egan’s Legacy Reserve, A 15 歳のシングルモルト.

イーガンさん 10 歳のシングルモルト

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド.

最低熟成 10 アメリカンオークとボトルの中の年 47% ABV, このシングルモルトアイリッシュ・ウイスキーは、非チルフィルター厳選された樽のユニークな特性を保持します. かなりスムーズにさえきちんとちびちび.

公式テイスティングノート

- 繊細な, リンゴのヒントと, スパイスと光の煙.
- マルタ & クリーミー, 穀物の複雑なヒントと & スムーズなさらさら感.
リンガー - ビッグフィニッシュとどのような無限の後味のように見えます.

イーガンのヴィンテージ穀物

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド.

8年以上のためのアメリカンオークバーボン樽で樽, この単粒アイリッシュウィスキーは細心の注意を払っジョナサン・Vによって手で選ばれました. イーガン, 彼らの血でウイスキーを持つ家族の第6世代.

私は良い一粒アイリッシュウイスキーの大ファンだし、これは確かに非常に良い一粒ウイスキーです. 通常は, 私は良い一粒のウイスキーは素晴らしいアイリッシュウイスキーのブレンドが構築されるシャーシであることについてまたはプレミアムまたは異常キャスク仕上げから最大の利益を抽出するための空白のキャンバスとしての話します. しかし、これはアイルランドのシングルグレインウイスキー優秀単純で簡単です. いいえファンシー仕上げません. 蒸留中だけで優秀続きます 8 ブルボン樽で長年. しかし、私の言葉を取ることはありません. 素晴らしいジム・マレーはイーガンのヴィンテージ単粒を受賞しました 92.5% 彼の中 2019 ウィスキーバイブル.

公式テイスティングノート

- バニラ, オークファッジ, カラメルノート.
- チャーミング甘さ & なめらかなバニラ, スパイスの微妙なヒントと.
リンガー - 長いです, 穏やかさと暖かさで獲得.

イーガンの不屈の精神 – Pedro Ximénez Sherry Cask Finished Irish Whiskey

Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド. イーガンの不屈の精神ウィスキー.

ペドロ・ヒメネスシェリーを熟成以上から作られています, かなり甘いが得日干しペドロ・ヒメネスのブドウ, まだブドウの自然な酸味を保持し、ほぼtreaclyシェリー. これは、ウイスキー樽仕上げとしては珍しいことではありません, 特に欧州大陸のウイスキーで, それは、多くの場合することができ “煮” 樽で、それが増大しなければならないウイスキーを圧倒. イーガンさんは不屈の精神と完璧に近い達成しています. 優れたシングルモルトの間の完璧なバランスが巧妙に強いと抑制の両方である絹平滑シェリー仕上げで対抗しました. 最高のペドロ・ヒメネスの一つは、私が今まで味わったウィスキーを終えました.

イーガンの不屈の精神は、非チル濾過し、瓶詰めであります 46% 真の文字を保持するABV.

公式テイスティングノート

- ヘビーシェリー, はちみつ, レーズン, そして、マジパンのヒント.
- 複雑さの完全な, シェリー酒の強い影響, ミックスフルーツ, 特にレーズン, そして、サルタナ.
リンガー - 満足のいく長いです, 複雑な味が口蓋に残ります.

イーガンさん 15 歳レガシーリザーブ

Egansレガシーリザーブアイリッシュウイスキー. Egan's Irish Whiskey review by Irish Whiskey Blogger Stuart McNamara. ベストアイリッシュウィスキーのブランド.

公式テイスティングノート

これは非常に限られたシングルモルト, 熟成 15 アメリカのバーボン樽で長年, 慎重モーリスによって手で選択されています & ジョナサン・イーガン – イーガンファミリーの第五及び第六世代. このリリースにのみに限定されています 1,000 ボトルとその祖先の工芸品と献身を尊重するとのコミットメントの表現であります.

- 紛れもないアイルランドのシングルモルトの鼻. リンゴと柑橘類のノートとクリーミー. タフィーとバニラの複雑さを追加.
口蓋 - 1は、この時代のシングルモルトから期待通りフルボディ. いくつかのオーク材の乾燥とレモンピールとコショウ.
フィニッシュ - ビッグフィニッシュとどのような無限の後味のように見えます.

タラモアすぎます.

ここに私のためのショーの星は、イーガンのヴィンテージ単粒と不屈の精神ペドロ・ヒメネスフィニッシュです. どちらも、今の私自身の個人的なアイリッシュウィスキーのコレクションでしっかり追加されています.

あなたは群衆から目立つようにしている場合はソースのウイスキーブランドを作成すると、製品開発におけるケアと多くの注目を必要とします. あなたの液体を供給する偉大な蒸留所および蒸留器を必要とします. あなたのブレンドと仕上がりは常に部品の合計よりも大きくなければなりませんし、ウイスキーの科学がフォールバックとウイスキーの芸術が引き継ぐ場所です.

Egansはとてもうまくので、右のそれをすべてやっています. Along with one or two other magical new Irish Whiskey brands, イーガンさんは見てのブランドです.

これまでならば町は2つの偉大なウイスキーのブランドに値します, それはタラモアです.

タラモアは、この日にまだその商業的遺産の視力を失ったことがない活気に満ちた優しいアイルランドの市場町にあります. It’s one of the very few Irish towns that still preserves that friendly main street social-commercial atmosphere that I spoke about earlier. Today, ブリッジハウスはミッドランドで最大の町の中心部のホテルの一つであり、近代的な所有者が建物のファサードの外観と有用性を維持することによって、過去の感謝の意を示している方法を見て本当に素晴らしいです.

With Egan’s and タラモアD.E.W.‘s combined influence still so visible in today’s town, ウイスキー精通史家がタラモアタウンウイスキーウォーキングツアーを開発する前に、確かにそれは時間の問題です.

買い物や社交のために戻っ農村市場町の中心に人々と生活をもたらすのさらに別の方法.

ジャストアイデア.

2 注釈
  1. Great story and history.
    Proud of my town of birth.
    Miss you Tullamore.
    From NYC.

  2. Thanks very much, Patrick. Now you have two great whiskey brands to celebrate and enjoy from Tullamore! 敬具, スチュアート

返信を残します

このサイトは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています. あなたのコメントデータが処理される方法を学びます.

0