User Posts: スチュアート・マクナマラ
Press release
0
作家の涙銅ポットマルサラ完了
0

作家の涙銅ポットマルサラ完了. Walsh Whiskey have been in touch today to tell us that they have just released a very limited edition of their ...

0
Teeling蒸溜所ヨーロッパの大手蒸溜所ツアー賞ファイナリスト
0

Teeling Distillery a Finalist for Europe's Leading Distillery Tour Award Teeling Whiskey Distillery. Photo © IrishWhiskey.com Teeling Whiskey Distillery ...

ゲストブロガー
0
アイリッシュウイスキー協会
0

The Irish Whiskey Society I am delighted to Welcome "ゲストブロガー" Cathal Fleming to Irish Whiskey .Com to share his experiences as a member of The Irish ...

推奨
0
Ardaraの蒸溜所. ドニゴールの新ウィスキー蒸留所.
0

Ardaraの蒸溜所. ドニゴールの新ウィスキー蒸留所. ジェームズ・ドハティ - Sliabh Liag蒸留器とArdaraの蒸留所. It is always great when you hear of ...

0
世界のベストシングルモルトウイスキーは、アイルランドで. Teeling 24 ヴィンテージリザーブ.
0

世界のベストシングルモルトウイスキーは、アイルランドのウィスキーです. Teeling 24 ヴィンテージリザーブシングルモルトレビュー. I can't believe that it is only six years ...

1
ダブリン自由蒸溜所. ダブリンの最新のアイリッシュウィスキー蒸留所
0

ヨーロッパの多くの都市や町は、Altキーシュタットや旧市街を持っています. ストックホルムで, それは旧市街です, サラエボで、それはバシュチャルシヤだとダブリン, it's The ...

0
Teelingウィスキー蒸留所クラフトフェア土曜日 16 行進
0

I just received a note from Teeling Whiskey Distillery in Dublin to say that they are running a Craft Fair this Saturday in their Distillery in Dublin's ...

推奨
1
アイリッシュウイスキーオークションとらえどころのないフィーチャーするのは非常にまれなミドルトン 1988
0

アイリッシュウイスキーオークションは非常にまれな特徴に 1988 ミドルトン. 今後のアイリッシュウィスキーのオークションは、とらえどころのないを特色にします, ミドルトンの非常にまれなボトル ...

スポンサーポスト
0
アイリッシュウィスキー日日曜日の3月3日 19 #IrishWhiskeyDay
0

ソーシャルメディア上で#IrishWhiskeyDayを使用して3月3日に世界であなたのアイリッシュウィスキーテイスティングイベントを共有. Get ready for Irish Whiskey ...

0
カイロのアイリッシュウィスキーテイスティング
0

Irish Whiskey Tasting in Cairo As those who follow me on social media @WhiskeyBlogger may have noticed, a few weeks ago I was invited to Cairo by ...

0
作家は、コニャックカスクフィニッシュティアーズ
0

Writers Tears Cognac Cask Finish I wrote a small piece a week or so ago on my main blogging site WhiskeyBlogger.com about the sudden and unexpected news of ...

0
ゾーイ・マーフィーのアピールの支援でアイルランドのウィスキーオークション
0

Irish Whiskey Auction in aid of Zoe Murphy Appeal Have you ever wanted to own one of the very first bottles of whiskey from a new Irish Whiskey brand or ...

0
5 珍しいアイリッシュウイスキーのクリスマスプレゼント
0

5 Unusual Irish Whiskey Christmas Presents Stuart, アイリッシュウイスキークリスマスは私のウイスキー - 狂った友人のために購入するプレゼンツとして、あなたはreccomendだろうかウィスキー, ...

0
ファンシーは、アイルランドのウイスキーの歴史の実ワンピースを所有します?
0

Christmas Shopping and Whiskey Auctions My next article here will see me reccomending / suggesting some slighly unusual or quirky Irish Whiskeys as Christmas ...

0
ウォルシュウイスキーは、アイルランド人シングルモルトをリリース – ディック・マックのBrewhouseのに伴ってコーヒースタウト完了
0

ウォルシュウイスキーは、アイルランド人シングルモルトをリリース - Coffee Stout Finish in Association with Dick Mack’s Brewhouse Just 240 bottles of Single Malt ...

0
アイリッシュウイスキーは、アイルランドのブログ賞をスクープ
0

Irish Whiskey Scoops Irish Blog Award It has been an exciting few months since first being longlisted and then being shortlisted for two award categories out ...

0
ベストウイスキーどこにいます – フレンドリーなアイルランド料理のレストラン?
0

最高のウイスキーはどこにあります - 優しいアイルランド料理のレストラン?   数週間前、, I was eating out in one of my favourite Irish Restaurants outside ...

0
IrishWhiskey.Comはでファイナリストであります 2018 ブログアワードアイルランド.
0

IrishWhiskey.Comはでファイナリストであります 2018 ブログアワードアイルランド.   I was delighted to receive an email this afternoon informing me that ...

User Deals: スチュアート・マクナマラ
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
スポンサー記事 – 広告主によって付属のコピー.
Deal
We are always delighted to consider hosting relevant and site-appropriate sponsored articles from Irish Whiskey brands and other relevant whiskey or ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
ヒーローイメージ (1 の 5) 均等のためのサイトリンクで広告を回転させます 30 日々
Deal
Our premier advertisement opportunity on IrishWhiskey.Com is in the "ヒーローイメージ" ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
サイドバー (トップポジション) サイトリンクと広告 – 30 日々
Deal
Our premier, low-cost advertisement opportunity on IrishWhiskey.Com is on the very top position of our home page side bar for 30 days. Ads should be ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
ブッシュミルズ 21 歳 / マデイラ完了アイルランドのシングルモルトウイスキー
Deal
70CL / 40% - A mix of bourbon and sherry casks matured for 19 years before the last two years are spent finishing in ex-Madeira casks, this is the ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
ジェイムソン 12 歳 / Bot.1970sブレンドアイリッシュウィスキー
Deal
75CL / 40% - An old bottle of Jameson 12 Year Old from the 1970s, this was produced in the decade the brand moved from the old Bow Street distillery ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
クーリー 14 歳 2003 Exclusive Malts Exclusive
Deal
14 歳 2003 vintage Irish single malt whiskey distilled at a secret distillery in Ireland (just off the R173 regional road on the Cooley ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
Benrinnes 15 歳のスペイサイドのシングルモルトスコッチウィスキー
Deal
70CL / 43% / 蒸留所ボトリング - 非常に興味深いDRAM, 唯一Speysiderは低地のモルトやアイリッシュウィスキーのようなトリプル蒸留します, but with ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
非常にまれミドルトン / Bot.2018
Deal
70CL / 40% - 非常にまれミドルトン 2018 is a marriage of specially-selected casks of pot still and single grain Irish whiskeys, all of which were aged ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
赤い点 15 それでも歳のアイリッシュウィスキーシングルポットアイリッシュウィスキー
Deal
70CL / 46% / 蒸留所ボトリング - 単一ポットのスポットの範囲内の3番目のエントリは、まだウィスキーが豊富です, スパイシーで魅力的なアイリッシュウイスキー, ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
グリーンスポット 1991 / 26 歳 / マルサラカスク / TWE独占
Deal
70CL / 55.7% - 非常に特別な瓶詰め, で選択し、ウイスキー取引所への排他的: まだ26歳のグリーンスポットポットウイスキーのシングルカスク, ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
Writers Tears Copper Pot & 2 Glasses Gift Pack Blended Irish Whiskey
Deal
70CL / 40% - A gift pack containing a bottle of Writers Tears Copper Pot and a pair of glasses. A combination of pure pot still and malt whiskeys ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
Gelstonさん 26 歳のアイルランドのシングルモルトウイスキー
Deal
70CL / 54.2% / 蒸留所ボトリング - アイリッシュウイスキーの年代記からの復活の名前, Gelston's lives again and this 26-year-old whiskey suggests ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
コマドリの賭け 1998 / 19 歳 / Lustauフィニッシュ / LMDWセラー
Deal
70CL / 55.7% / 蒸留所ボトリング - シングルカスクコマドリの賭け 19 歳は、ラ・メゾン・デュ・ウィスキーボトル入り. Finished in a first-fill sherry butt from ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
非常にまれミドルトン / Bot.2016ブレンドアイリッシュウィスキー
Deal
70CL / 40% - ザ・ 2016 edition of Midleton Very Rare, selected by master distiller, ブライアン・ネイション. The flagship blend from Ireland's biggest distillery ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
Glendalough Double Barrel Single Grain Single Grain Irish Whiskey
Deal
70CL / 42% - Glendalough Double Barrel is a single grain Irish whiskey, aged in a combination of bourbon and oloroso sherry casks. Sweet and creamy, ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
コマドリの賭け 12 歳カスク強 / Batch B1-18
Deal
70CL / 56.2% - Batch B1/18 of the award-winning and rightly popular 12-year-old cask-strength whiskey from Redbreast. A rich and complex single pot ...
ウィッシュリストに追加ウィッシュリストから削除しました 0
The Dubliner Irish Whiskey Liqueur
Deal
2 ヶ月 ago

The Dubliner Irish Whiskey Liqueur

20.45
70CL / 30% - A deluxe Irish whiskey-based liqueur, the James Joyce-inspired Dubliner is a blend of honeycomb, caramel and whiskey flavours. Perfect ...
Browsing All Comments By: スチュアート・マクナマラ
  1. Hi Brian, Garret and Michael, Many thanks for your interesting feedback which seems to support my theory?
    The good news as you can see from my latest blog post yesterday https://irishwhiskey.com/irish-whiskey-renaissance/ is that some bars and restaurant owners in Ireland (and particularly in Galway) are identifying and exploiting the opportunities in the global resurgence of Irish whiskey.
    The Parknasilla example is not new to me. My own family are regular guests there and were told by a staff member a few years ago that as many of their guests are American, the bar is full of high end Scotch as that is what the guests know and want. So the hotels play safe and just give them what they want by creating an American bar in Ireland. The hotels will tell me that they will stock premium Irish Whiskey when the guests demand it, but if the guest don’t always know enough about Irish whiskey, they won’t look for it. It’s chicken and egg stuff
    But imagine if high end hotels such as Parknasilla created a simple “アイリッシュウィスキー一覧” based on our Irish Whiskey Pooka Scale at https://irishwhiskey.com/pooka-scale/. すぐに, you have something very high end and very Irish to add value to your guests experience. We are further developing the Pooka Scale project as an Irish Whiskey education tool in coming weeks. My plan is to develop a simple info-graphic that can be used to explain Irish whiskey forms, styles and structure to Irish whiskey beginners be they bar staff, tourists or even new whiskey drinkers.
    If our tourism guests are introduced for the first time to Irish Whiskey while on holiday, they’ll buy more in airport duty free and before you know it we have a new life time Irish Whiskey convert!
    Thanks again for the great comments and feedback and welcome to IrishWhiskey.com!

    敬具, スチュアート

  2. Thank you very much for that clarification. I have tried to contact you without success. I’d be delighted to offer Parknasilla Resort and Spa a free VIP Listing on our new IrishWhiskeyWay.com Irish Whiskey Tourism site which will be launched in coming weeks. If interested, please see http://IrishWhiskey.com/VIP for application form and my contact details.

    敬具,

    スチュアート

  3. こんにちは “アイリッシュウィスキーエキスパート”,

    あなたが実際に適切に私の記事を読んでいる場合、私はあなたのコメントからわからないんだけど? しかし、あなたが持っている場合, あなたは完全にポイントを逃しているように見えます.

    私の記事の開口部から。”アイリッシュウイスキーは、このような成長を経験した最後の時間は、19世紀と20世紀の変わり目でした. しかし、それはすべて、1900年代初頭に墜落しました. それがクラッシュした理由の一つは、アメリカの禁酒法が導入されました”.

    これは、アイルランドのウィスキー業界の苦悩の歴史となるものではありません. かなり, それはバレルを損なう1または2の悪いリンゴの効果のクイック研究であります. 私は密造がよりスコッチやバーボンの業界よりもアイリッシュウイスキー業界に影響を与えた理由について話しています “禁止年間”. もちろん、私はまだコフィーの効果について知っています. 私はすべてのウイスキーライターの後にしています. 私はまだコフィーの近年の他の場所で書かれており、アイルランドの禁酒運動しています.

    私はここに作り、私の読者のほとんどを午前ポイント (あなたのタラモアのDEWの同僚など、) ソーシャルメディア今夜のフィードバックから判断すると理解しています, アイリッシュウィスキーの良い名前があるため、アイルランドのウィスキーの旗の下に低品質または模造ウイスキーを生産者の行動の深刻な被害を受けた30年代に、1900年代初頭から学ぶべき貴重な教訓があるということです.

    私はそれが良い名前だアイリッシュウイスキーを気にする私たちのすべてを保護することが重要であると言っています. あなた自身の会社IDL (あなたは、ペルノ・リカールのメールアドレスをここに登録します) 私はミドルトンへの私の訪問から最初の手で見てきたように、このの最前線にあります. 私はあなたの蒸留所とあなたの製品の多くの私のレビューの他の多くの記事でこれを反映しています.

    と個人的に私を叱るの面では “より多くの研究が必要”, 恐らく次は上の反射価値があるかもしれません.
    “アイリッシュウィスキー業界が直面するすべての課題にもかかわらず、まだ品質のアイリッシュウイスキー単式蒸留器のためとすることにより世界的な需要がありました 1900 アイルランドで蒸留したウイスキーの量を4倍。” – この引用は、アイリッシュウイスキーの歴史上、独自のIDLの出版物からです. また、記事では、私の冒頭陳述をサポートしています “アイリッシュウイスキーは、このような成長を経験した最後の時間は、19世紀と20世紀の変わり目でした. しかし、それはすべて、1900年代初頭に墜落しました”.

    This hardly supports youadvisingme that “アイリッシュウイスキーは禁止ずっと前に死んでいました”. In fact Irish whiskey was more popular in the US than Scotch pre-prohibition and particularly on the Irish influenced East Coast (Boston and New York).

    As fora war with the British Empirepre-dating prohibition. Prohibition which commenced in 1920 was repealed in 1933. The Anglo Irish Trade war only really started then in 1933 following the second Irish election in two years.

    While I welcome comments of any kind here on IrishWhiskey.com, I am always disappointed when someone’s first instinct is to attack and denigrate the messenger by making loose and unsustainable accusations themselves of sloppy work by others. I am particularly disappointed that in doing so, you claim to be representing IDL. Perhaps you were having a bad evening? Or are you actually with Irish Distillers. I have my suspicions and will be checking.

    I’m now going to open a new bottle of Yellow Spot!

    敬具,

    スチュアート

  4. ワシ目リーダーはしばらくジェイムソンことを発見しました 18 年ボウ・ストリートカスク強度がで瓶詰めされます 55.3% ABV, 彼らのプレスチームによって提供される写真を示すラベルとボトルを表示します 54.5% ABV.

    ジェイムソンは、と私に確認しています 55.3% ABVは正しい数字であります. 私はまた、発売記念イベントで、ディスプレイ上のボトルも正確で標識したことをうれしく思います 55.3% ABV. ジェイムソンは低いラベルの謎に私に戻って来ることを約束しています!

  5. おかげでパトリック!! D.E.Wのドロップまたは2場合を見てみましょう. 私たちのアイリッシュウイスキーコレクションショートリスト巣の週作ります! 敬具, スチュアート

  6. こんにちは,

    入力のためにあなたと感謝をはじめまして. 私は先週タラモアの新しい穀物の蒸留所の開口部に出席し、私はアイルランドの穀物の使用について尋ね. 私は、一般的にそれを知らされました, タラモア麦芽と穀物蒸留の両方は、2つの別個のアイルランド粒サプライヤーから供給アイルランド成長した粒子を使用します.

    彼らはこれについて叫ばないことを理由は、彼らはまた、アイルランドの外から穀物でそれらを供給することができ、オンデマンドで利用できる第三粒のサプライヤーを持っているということです. 彼らはアイルランドのサプライヤーの側に致命的な障害が発生した場合の予備にこのサプライヤーを保ちます.

    私はアイルランドの穀物のアイディアのようにしながら、アイリッシュウィスキーに使用されています, 私自身に加入していません “テロワール” 後半のいくつかの新しい蒸留所が推進されているマーケティング. 異なる種類またはビール麦の系統間の味と香りに微妙な違いがあるかもしれないが, 時間によって、このビールや洗浄は2〜3回蒸留されています, 残留差動分になります. タラモア対コークで成長し、同一の粒タイプに起因する差異, 彼らはすべて、次の蒸留で存在する場合にはモンタナ対だけでコルクが無視できるだろうしましょう.

    テロワールは重要であったとしても, 蒸留所の近くにあることが起こるのフィールドは、単に他の場所アイルランドのより良い風味の穀物を生産するために起こった場合、それは巨大な偶然の一致ではないでしょう!

    ワインとの違いは、そのようです, しかし、ビールよりもさらに大きい程度に, ブドウは、完成した製品に関連した味と品質の重要な部分に貢献します. 蒸留所が水源と流通網の近くに建設されている理由でもあります (道路, 運河など) ワイナリーは、近くやブドウ畑に位置しているのに対し、.

    そう, 私自身の意見はそれは素晴らしいアイデアである一方、アイリッシュウィスキー蒸留所は、アイルランドの穀物を使用して、地域経済を支えるということということです, それだけでいいと高貴なアイデアです. 穀物全体の神話 “テロワール” ウイスキーでただ話を販売しています. この上の独立したビューの場合、これは最近見ます ウイスキーの穀物テロワールにスコットランドのモルトウイスキーソサエティの記事.

    敬具,

    スチュアート

  7. こんにちはジョン, あなたから聞いてニース!

    もちろん、あなたがun-peated多くのスコッチウイスキーがあることを指摘して技術的に正しいです.

    私は、ほとんどの読者を考えます (初心者を含む記事を図って) 私は記事のpeatedスコッチウィスキー話していたことに気づいているだろう.

    未peated麦芽は、最初のスコットランドの先進低地でのホールドを取っているだろうし、トランスポートとして世紀の変わり目に広がっているだろう (道路や鉄道) でも高地までの開発インフラストラクチャ.

    私は私よりもスコッチウイスキー業界の大きな知識を持つ者に弓ます, しかし、私の理解では、今日です, peatedスコッチウィスキーの多くは、むしろ古き良き芝の煙よりも本質によって影響を受ける可能性があります.

    再びに参加してくれてありがとう!!

    敬具,

    スチュアート

  8. Hi Martin, Thanks for the kind comments.

    From the Moscow Times a few weeks ago. http://www.themoscowtimes.com/article.php?id=525436 . In this article titledAs Alcohol Prices Soar, Russians Turn to Imitation Whiskeys and Rums”, Rowsons Reserve is described as aWhiskey based drink”! Is it Irish Whiskey or awhiskey based drink”?

    This link http://eng.winestyle.ru/products/Rowson-s-Reserve-700.html from one of their suppliers in Russia seems to imply that the Russian Rowsons Reserve is 100% Irish whiskey and is different from the Indian version?

    If this “アイリッシュ・ウイスキー” contains Indian whiskey, it will have interesting implications. 私の知る限りでは, Diageo are still members of the IWA even since offloading all of their Irish Whiskey interests when they sold Bushmills to Jose Cuerva in Mexico earlier this year. If it’s awhiskey based drinkrather than a whiskey, there will be confusion.

    Reports such as these which show history repeating itself are what prompted me to write this article. Thanks for highlighting! 敬具, スチュアート

0